FC2ブログ

Wolfhound Monthly

アイリッシュウルフハウンド雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のいのちは・・・

2月のウェストミンスター、3月のクラフト(IWがグループ1席の大活躍)、3月末にはぐっとローカルですがJKCのアジア・パシフィック(よもぎちゃんもグループ2席の活躍)と春の大きなオールブリードショーが一段落したところで、ショーについて何か記事を書こうかなと思っていたところ、身近なところでもそうでないところでもちょっとショックな知らせがいくつか続き、少しテーマを変えることにしました。春は悲しい別れの季節でもあります。

20144143.jpg




昨日公表された、今年のクラフトでグループ1席になったジェイムズことJust in Time of First Avenueの突然の死。クラフトのメインリングで華やかな脚光を浴びてから1週間後の週末のことだったそうです。まだ3歳の若さで、コンディションも良好。ブリーダーのレジーヌさんは獣医でもあり、オーナーのギャリーさんとジェイムズと一緒にクラフトにも出ていました。誰もが驚き、悲しみ、信じられないような突然の死でした。原因不明のため検死解剖をしてもらったところ、腹腔内に大量の血がたまっており、また脇腹に打撲のあとがあったとのこと。何があったのか、真相はわかりませんが、他の犬と激しく遊んでいて怪我したのか、あるいは自分でどこかにぶつけたのか。いずれにしても失血死だったようです。

飼い主のギャリーさんはジェイムズの死を知らせる文章の中で、「この子は素晴らしいショードッグでもあったけれど、もっともっとそれ以上に特別な子だった。身近で知っている人ならばわかるだろうけれど、素晴らしい性格の、おかしくて、ちょっといばっていて、甘えん坊で・・・」と書いています。この子の魅力は、写真やビデオ画像を通して、直接会ったことのない遠い国の人間にも伝わっています。ギャリーさんがどれだけこの子を大事に、自慢にして可愛がっているかも。伝わっているから、突然の死の知らせもショックでした。。。

ジェイムズはすごいショー歴の持ち主です。3歳にして、もうショーで目指すものはなくなったからと、クラフトを最後に引退の予定でした。でも写真や動画で見るジェイムズは、けっしてパーフェクトなショードッグではない。あっちこっち気になってきょろきょろしたり、でもオーナー・ハンドラーのギャリーさんの声に一生懸命応えようとがんばっている、そんな様子が伝わってきました。堂々とした力強さとともに可愛い一面のある、魅力的なキャラクター。クラフトのときは、ちょっと大げさに言えば、それこそ世界中のウルフハウンド・ファンがテレビの前で応援し、祝福した感がありました。犬としての良さだけでなく、彼の持つ魅力も大きかったのではないかと思います。最高の家庭犬、最高の相棒、そして最高のショー人生。。。すべてを一緒に歩んで来た飼い主のギャリーさんの悲痛な気持ちが痛いほどわかります。

ただでさえ寿命が短いのに、いつ何があるかわからないのがこの犬種。胃捻転や肺炎など急性の病気は怖いと、いくら気をつけても、こんなこともあるんですね…。たまたまギャリーさん一家が留守をするので、代わりに犬の世話をしにレジーヌさんが訪ねたとき、庭で寝ていたジェイムズ。いつもなら駆け寄って来て、飛びついて舐めるのに、このときは反応がない。近寄ると、頭をあげるのがやっとで自力で立つこともできない。なんとか車に乗せて病院へ行ったが、もう車から降ろすこともできず車内で救命治療を試みたものの、10分後に亡くなってしまった。レジーヌさんがひどい悪夢と語るこの顛末は涙なしには読めません。

ジェイムズの血統書名Just in Time of First Avenue。Just in Time(ぎりぎり間に合って)という変わった名前には、実はこんな由来があります。一人っ子だったジェイムズは、母犬のお腹のなかで大きく育ち過ぎ、出産の際に産道に詰まってしまった。これはまずいと、獣医のレジーヌさんが慌てて帝王切開。ぎりぎり間に合って無事生まれたからJust in Timeと名付けたのだそうです。そんな風に生まれてきた犬を、今度は間に合わなくて、看取ることになってしまった。。。流星のように逝ってしまったジェイムズの冥福を祈ります。

Rest in Peace James. You are the brightest star in the sky tonight…



Comment

藤原良一 says... "悲しすぎるね"
悲しすぎますね
原因がわからないことやいない時に、そうなるなんて・・・
うちのバルトの父親が JUSTME OF FIRST AVENUE なんですが
関係がありそうで気になります。
ギャリーさんの気持ちを考えると心痛みます。
2014.04.18 10:55 | URL | #ophEBcyc [edit]
ullibo says... ""
藤原さん、
そうでしたね、バルト君の。素敵なお父さんでしたね。
今回はいろいろと不運が重なったのかなと思います。本当に悲しい出来事でした。
ジェイムズの分も、バルトは強運をもらっているかも?父ちゃんの分も幸せに、長生きしなくちゃですね^^
2014.04.19 15:13 | URL | #LTreAx.6 [edit]
藤原良一 says... ""
ありがとうございます。
たぶんパパではなくて(こんな立派なパパ光栄ですが)
同じ犬舎のJUSTINTIME君の次のStud Dog
がパパだと思います。
いずれにしても悲しすぎますが・・・
強運だけは引き継ぎたいですね。
2014.04.19 16:32 | URL | #ophEBcyc [edit]
ullibo says... ""
ごっちゃになってしまって失礼しました。バルトのパパとは近い親戚さんですね。
藤原さんも強運を持ってる気がします。きっと大丈夫ですよ〜^^
ともあれ、日々毎日大事に一緒の時間を過ごしていきたいですね。そんなことを改めて思いました。
2014.04.21 18:28 | URL | #P5Ratfm2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。