FC2ブログ

Wolfhound Monthly

アイリッシュウルフハウンド雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイリッシュ・ウルフハウンドの寿命研究  ーご協力のお願いー

Irish Wolfhound Longevity Study

※※※
デンマークのパーニル・モンバーグさんが新しく始めた研究です。寿命だけでなく、犬種の健全性にも関わる重要な研究です。すでに亡くなったウルフハウンドの情報を集めていますので、ぜひご協力をお願いします。

下記に長い長い説明がありますが、研究のポイントは、骨肉腫や拡張型心筋症のようなウルフハウンドに多い遺伝病は、繁殖の努力で血統から排除しようとしても無理があるが、長生きの犬を両親に選ぶことで、全体として病気を減らして健全な個体を増やし、かつ平均寿命も延ばすことができる、というパーニルさんのかねてからの仮説にあります。パーニルさんや彼女に賛同する一部のブリーダーたちは、この説にもとづいて何年も繁殖の実践を重ね、すでにある程度の成果も上げていますが、科学的裏付けが得られれば、健全性への取り組みのシンプルで効果的な手法として、純血種の犬のために大きな貢献となるのではないでしょうか。ただ、この仮説を裏付けるには膨大な数のデータが必要になるので、皆様のご協力を必要としています。

具体的な協力内容は最後の「協力のお願い」に書いてあります。長生きした犬だけでなく、すでに亡くなった全てのウルフハウンドの情報を集めています。なるべく偏りなく数多くのデータを集めようとしていますが、一方で親子や兄妹犬など血縁犬のまとまったデータも重要です。兄妹犬の飼い主さんなどにもお声がけしていただければ幸いです。ブリーダーからは、犬舎単位でのまとまった情報提供も大歓迎です。なお、現在すでに8歳以上になっている犬の情報も提出できるとのことですが、その場合は死亡後に死亡年月と死因のご連絡を忘れずにお願いします。

メールは英語でお書きください。件名にIrish Wolfhound Longevity Studyと書けば、あとは必要事項のみで大丈夫かと思います。死因など、英語表記がわからないところがありましたら、当方まで遠慮なくお尋ねください。それでもメール送信に不安のある方は、日本語でメールをお書きいただき、私の方で英訳してパーニルさんにお送ることもできますので、ご相談ください。

以下はパーニルさんによる説明文です。
※※※

目的
この研究は犬種集団全体についての研究で、世界中のIWの寿命の現状を確証することを目的としています。
他の多くの純血種の犬と同じように、アイリッシュ・ウルフハウンドは約1世紀半にわたって、19世紀末頃に血統書を発行するケネルクラブが発足して以来、血統登録が閉じられたまま[=他犬種との交配なしに]繁殖されてきました。
純血種の犬の個体群は、血統が記録された、選択的な繁殖計画の結果生まれたものと定義することができます。また、犬種個体群は往々にして、限られた基礎血統をもとにしています。
非常に多くの現在の犬種において、人為的な選択行為の結果、意図せずして、様々な犬種特有の健康問題を引き起こすという危機的な段階に達してしまったことは明らかです。
このウルフハウンドの寿命研究から得られた結果をもとに、将来のアイリッシュ・ウルフハウンドおよび純血種の犬一般のための繁殖の戦略を提示することを、私たちは目指しています。

仮説
様々な人間集団の研究における成果と、4000頭のウルフハウンドの予備調査データをあわせると、寿命の潜在的可能性[=長生き]には遺伝的要素が含まれていることが強く示唆されます。
たいていの犬の飼い主は伴侶の犬が長生きすることを望んでいますが、生物学的観点からすると長寿それ自体には意義はありません。私たちの研究の根拠となるのは、あらゆる生命体の最も強い本能的動因は、包括的な生命力と力を必要とする行為である生殖の権利のための闘いであるという仮定です。両親の生命が生殖のために犠牲にされるという例は、非常に多くの種において数多く見られます。それは、この動因がどれほど強いものであるかを示しています。イヌ科動物では原則として、生殖の権利のために必ずしも生命が犠牲にされるというわけではありませんが、しかし人間の介入がない場合には、良好な健康状態と活力とスタミナが不可欠です。私たちがたてている仮説は、長寿の潜在能力というのは、この健康と活力とスタミナの「副産物」なのではないか、というものです。言い換えれば、長生きの家族のなかから繁殖個体を選ぶことで、理論的には、長寿に加えて一連の健全性の恩恵をも得ることができるはずだということです。

予備調査の結果
4000頭のウルフハウンドの予備調査データにもとづく試験的計算結果から、以下のようなことが示されています:
・長寿の可能性には強い遺伝的要素がある。これは、人間集団に関する多くの研究でも示されている。
・8歳以上生きた犬のグループ内では、メスのほうがオスより50%近く多い比率を占めている。この性差は、年齢が上がるにつれて大きくなる。
・「ベテラン」(8歳以上)の犬の大多数は、少なくとも両親犬の片方が8歳以上に達している。
・長寿の可能性は、4代祖血統書のなかに含まれる長寿の犬の数に応じて、指数関数的に増大する。
・データを(1)8歳未満で亡くなった犬(2)8歳以上で亡くなった犬、のふたつのグループに分けると、(1)のグループの死因は各種の悪性腫瘍が38%、各種の心循環系疾患が22%、(2)のグループの死因は、各種の悪性腫瘍35%、各種の心循環系疾患は18%であった。ふたつのグループにおける死因の割合の差が比較的小さいことから、病気のコントロールをより効果的に行える可能性が示唆される。すなわち、癌や心疾患を完全に排除することを目指すのではなく、発症年齢を遅らせることを目指すということである。平均以上に多くのベテラン犬を繁殖してきた犬舎においても、血統から骨肉腫や心臓病を排除できていない。しかし犬種の平均と比べると、発病の年齢はかなり遅いことが多く、普通は老齢期になってから発病している。

研究方法
アイリッシュ・ウルフハウンドの寿命研究のためのデータは、ブリーダーや飼い主への個人的呼びかけ、世界各国のウルフハウンド・クラブの刊行物やウェブサイトなどを通じて集められてきました。また、Facebookに設けられたふたつのページ「The Irish Wolfhound Veterans」と「The Irish Wolfhound Memorial」において、1000頭近くのウルフハウンドの性別、死亡時年齢、死因、両親犬の情報が提供を受けています。いくつかの犬舎は、この研究のために犬舎全体の記録を提供してくれました。これはこの研究において非常に価値あるデータです。
現在集まっている情報はベテラン犬の数が不釣り合いに多く、現実のウルフハウンドという犬種全体の状況を反映しているとはいえません。ただし、このデータのなかで、いくつかの確認できる個体群は、犬種の一般的な状況を反映しているといえるものです。これらの結果は、関連する計算のために、別途利用されています。
この研究では飼い主の報告によるデータを扱っています。すでに集められたデータに散在する不正確さを補うために、約6000頭の犬の情報を収集することを目標としています。
様々な国において個別に行われた近年のアイリッシュ・ウルフハウンドの研究や、ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン動物学科のA. コンフォートによる1955年の研究によれば、アイリッシュ・ウルフハウンドの平均的な寿命はおおよそ6歳から6歳半の間となっています。

協力のお願い
このプロジェクトに協力していただけるようでしたら、過去にあなたが飼われていたウルフハウンドの情報を提供してもらえないでしょうか。

以下の情報をご提供ください:
・犬の血統書名 Registered name of dog
・性別 Sex of dog (male/female)
・死亡年月 Year and month of death
・死因 Cause of death
・その他、生前にかかった病気(あれば)Other ailments or diseases
・血統書のコピー (※スキャンまたはデジカメ画像データをメールに添付してください)

もし可能であれば、同胎犬についても同様の情報をいただければ幸いです。

情報は下記までお送りください。
Pernille Monberg  wolfhouse@post.tele.dk
または
Edita Beresova  editaberesova@seznam.cz

IMG_1278s.jpeg



※統計的研究ですので、犬の名前や犬舎名などの個別の情報がこの研究過程で公開されることはありません。
※時期はわかりませんが、研究結果が公表された際には、日本語訳をこのブログに掲載します。

Comment

エル母 says... "ご無沙汰しています"
いつもブログ楽しく読ませてもらっています。
ウルフハウンドは私にとって特別な存在です。こんなに人間を愛してくれる犬はいないと思います。
エルは13歳にあと3日というところで天国に行ってしまいました。
皆さんのウルフハウンドが元気で長生きできるように影ながら応援していますよ〜
2014.10.14 19:31 | URL | #- [edit]
ullibo says... ""
エル母さま

コメントありがとうございます。ごぶさたしています。
エルくん、もうちょっとで13歳、本当に長生きでしたね。何よりの飼い主孝行では。
ウルフハウンドは1頭1頭が本当に大きな存在感をもっていますよね。それだけ、いなくなったときの寂しさもひとしおですが。私にとってもやはり特別な存在です。
長生きな子が増えてくれるといいですね〜。
2014.10.16 17:37 | URL | #lmlvDMHM [edit]
colette says... ""
MInna san.
O genki desu ka ?
Ima Duchinka dake ikite orimasu
Mata ne.
Colette
2015.08.10 06:26 | URL | #zkESdb5o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。