FC2ブログ

Wolfhound Monthly

アイリッシュウルフハウンド雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの宿題:日記2

120807_05.jpg





どこまでも続く生け垣と緑の牧草地。はるか遠くには海。・・・ここはいつものお山ではありません。

実はこの夏、2年ぶりにアイルランドへ行ってきました。今回は仕事だったので、残念ながらドッグショーや犬舎めぐりはできなかったのですが、そこはIWのこととなると急に行動派になる私(笑)1日だけ時間をひねり出して、2か所ほど訪問してきました。


まずは緑の丘でのんびり草を食む羊たち・・・・・・ではなく、当然ウルフハウンドです。


120807_4.jpg




子ざるのお里、アンさんのお宅を訪ねました。いろいろ聞きたい話もあるし、今の若い世代の犬たちにも会いたいし。

で、会いたかった犬たちに会ったり、なんとたまたま生後8週の子犬たちもいたので、遊んだり(遊んでもらったり?)、お世話をちょっぴり手伝ったりしつつ、7時間ほどアンさんの弾丸トークを聞き続けました。いやはや、楽しかったけど疲れた(笑)


写真はあまりないですが、ちょっとだけ。。。(一眼レフを持って行かなかったのは失敗〜)


120807_3.jpg



あれ?庭から消えた?と思ったら、ドアを開けっ放しの車に乗り込んでニコニコしていたブラッケン君。お出かけ大好き、車大好きなんだそうです。写真で見てすごく気の良さそうな子だな〜と思っていましたが、ほんとにhappyで可愛い子でした。
いま3歳くらいになるのかな。もうそろそろチャンピオン完成のはず。しかし、このおちゃらけた感じ、なにやら子ざるに似ているかも(爆)



120807_01.jpg



こちらはちびっ子ルーム。リビング・ダイニングにつながっていて、なおかつ子犬たちは自由に外の芝生の庭にも出られる作り。トイレもちゃんと外でしていて、子犬部屋にしてはとてもきれいでした。
ちょうど訪れた日の午前中に動物病院へ行ってシャントの検査をしてきたので、みんなまだ包帯がつきっぱなしでした。ポケットに入るサイズだったら、ちびっこ1匹こっそりお持ち帰りしたのに、残念〜(笑)

そういえば生後2週の子たちはまだほとんど飼い主が決まっていないとか。そのうち自然に決まっていくのよ、とのんびりなアンさん。とくに広告もせず、口コミやなにかで飼い主が決まっていくそうです。そんなところはアイルランドらしいというか。。。



120807_02.jpg



これは見せてもらった昔のカルカラの犬(と昔のアンさん)の写真。若い頃のCalcara Bracken。今いる子もブラッケンですが、こちらは初代。以前、ティモは誰に似ている?と聞いた時に、初代ブラッケンの名前が出てきたので、どんな犬かと思っていたのです。どことなく似てる、かな〜?しかし初代ブラッケン、なかなかいい犬です。アンさんが思い入れがあるのもわかるというもの。


聞きたかったこともだいたい聞けて、アンさんの昔話四方山話も沢山聞き、面白くてためになる午後でした。結局、午後2時頃に着いて、夕飯までごちそうになり、帰路についたのは日も傾く夜の9時半頃。北国の夏の夜は明るいので、つい時間も忘れてしまうのでした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。