FC2ブログ

Wolfhound Monthly

アイリッシュウルフハウンド雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破壊と遊び


タラはいままで飼ったのどの犬よりも遊び好きです。人と一緒に遊ぶのが好きで、「遊ぼ〜」とおもちゃを持ってきます。無視していると、それを足元に置いて別なのを持ってきます。それでも反応がないと、おもちゃを咥えたまま立ち上がって人にぐいぐい押し付けてきたり、「遊ぼ〜って言ってるのに〜!」と吠えたり(^^; ウリもティモも、これほど沢山は一緒に遊ばなかったなぁ。タラは相手をしてくれる同居犬がいないことや、とっても人好きな性格もあるのかも。

IMG_3456.jpg
長生きできなかった豚さん




いろいろおもちゃを持ってるタラですが、生後6ヵ月頃からどんどん破壊力が増してきまして…。それまでは柔らかいぬいぐるみも壊さずずっと遊んでいたのに、どんどん壊すようになり次々とおもちゃがゴミ箱行きに。頑丈そうなロープトイもあっさりほどけてくるし、超大型犬の子犬のパワーは半端ないですよね。ぬいぐるみの中綿を飲んでしまったり、ほつれたロープトイの長い糸を飲み込んでしまうと最悪命に関わるので、みなさまもお気をつけ下さい。

IMG_3559.jpg
長持ちしなかったロープトイ



そんなわけで、今現在のタラのおもちゃは簡単に破壊できないものばかりになりました。無骨で可愛げのない感じすが(笑)いつでも噛んだり遊んだりできるように、部屋に置きっぱなしにしています。

IMG_3653.jpg
赤より頑丈な黒コング、水色は頑丈を売りにしているTuffyシリーズなど




柔らかいおもちゃは瞬殺するので、ちょっとしたトレーニングや遊びのときに出してきて、一緒に遊んで終わったらしまうようにしています。

IMG_3656.jpg




この赤いボールはチビすけの時から(今でもチビっこだけど)大好き。柔らかいのに意外と丈夫で、引っ張りっこ遊びにも耐えて今まで残っています。

IMG_8097.jpg
5月末の写真。赤ちゃんだったなぁ。



みなさまの期待に反して?今のところ家の家具は無事です(^^) 絨毯の端っこをちょこっと噛じる程度のことはしてますが、ウリやティモのような大破壊はなし。女の子だからおとなしめなのか、それともおもちゃで沢山遊んでいるからか。はたまたこれから大破壊時代がやってくるのか??お楽しみに〜(笑)

IMG_3565.jpg



<追記>

TUFFYは丈夫とブログに書いた翌日・・・


IMG_3661.jpg



なんだか静かに端っこを齧ってるなーと思ったら!


IMG_3664.jpg



穴を開けて中から綿がもくもくと(^^; TUFFYもダメでした、はい。



スポンサーサイト

成長


タラさん5ヵ月半、とうとう40kgの大台にのりました。成長速度もさることながら、ここ最近はめきめきと体力が付いてきたなぁという感じ。走る速度もだいぶスピードアップしたし。でもやっぱりまだパピパピした動きなんだけれど。


最近の、もう夏本番の山での写真をいくつか。


はじめて牛と対面。
IMG_8189.jpg


ヤマネ観察会で、アレックスくんに会いました。ヤマネには気がつかず。
IMG_3200.jpg

お隣のネオくんに会えたのが嬉しくて、うきゃうきゃはしゃぐ。
IMG_8295.jpg

IMG_8296.jpg

写真を撮るから並んでじっとしてと言われて、この顔。
IMG_8317.jpg
「タラはまだ遊びたいのにー」


昼下がり、こんなところにいた。タイルが冷たいからね…
IMG_3233.jpg

アルちょと2匹で「お外行く〜」
IMG_3239.jpg
IMG_3242.jpg

朝の散歩は山のなか。
IMG_8279.jpg

そして暮れなずむ山の景色。夏中いれたらいいのにねー。
IMG_3181.jpg

おさる×女子!


タラは今日から生後4ヵ月目に突入。ムクムク成長を続けながら、うきゃうきゃ走りまくり、2本足で立ち上がっては登りまくり、日々元気なおさる女子っぷりを発揮しています。


18813626_1518340118186845_9199012858437404025_n.jpg
山の犬小屋で。涼しい!楽しい!




それにしても子犬ってこんなに忙しいものでしたっけ?あっちもこっちも、初めての場所、初めての経験。散歩デビューに公園デビューにしつけ教室デビューにカフェデビューに、あ、病院デビュー(?)もあったか。なんて忙しい(笑)さらに「小さいうちに会いに行かなくちゃ!」と、あっという間に大きくなるのをよくご存知のウルフハウンド友達も次々と遊びに来てくれて。おかげでタラはすっかり、家のドアホンが鳴ると「お客さん♪お客さん♪」としっぽブンブン大喜びする子になりました(^^)


18198718_1484589624895228_5407049557402442452_n.jpg
お庭の花を、パク〜ってしてみようかな、どうしようかな




ティモと仲良しだったアールトは、ウルフハウンドが来たのがとっても嬉しいみたいです。たとえそれが、おさる女子のヤンチャなパピーでも。。。追いかけられてもそれが楽しくて、むしろ自分から追いかけっこに誘ったりして、ドタバタ楽しそうな2人。


18199049_1483413471679510_7092874773784131399_n.jpg
一緒に臭い飯を食う仲?!って感じの2匹。監獄ならぬタラのサークルですけど。




タラは、わが家で初めての女子になるわけですが…。とにかくまず、あまりにお利口さんで楽なことびっくりしました。たまたま前の男子(とくにうり、ティモの単細胞ズ…)がとくにダメだったのかもしれませんけど(^^; 子ざるのブリーダーさんが「女の子は賢くていいわよ」と言っていた意味がよーくわかりました。何でもっと早く女子にご縁がなかったのかしらね、なんて。


18486006_1502970446390479_6544606780335351683_n.jpg
もちろんイタズラもいっぱいするけど、ね。庭の木の剪定のお手伝い♪



どうしてこんなに楽なのかなぁと思って考えてみたけれど、多分、一番はコミュニケーション能力の高さ、それと飼い主への協調性なのかな。言葉の理解が早いし、状況に応じて行動することができる。トイレの覚えが超早くて感激(うり、ティモは何か月かかったんでしたっけ)、クレート(というかサークル)トレーニングも最初からばっちり、どこへ連れて行ってもパピーなりに状況に合わせてそれなりの行動ができるので、時々3ヵ月の子犬だってことを忘れそうなくらいです。


18446850_1502093406478183_593837887847375771_n.jpg
山の家で。遊びすぎて爆睡。




男子はなんというか、本当にはっちゃけてヤンチャで、飼い主の言うことなんて半分も聞いてない。自分の遊びや冒険で頭がいっぱいで、ハチャメチャするから生傷が絶えず、人に気遣いゼロな感じ。人間の子供でも、友人ママたちの話を聞いていると、男の子と女の子で同じような違いがあるなーと思います。タラもおさる力全開でうきゃきゃ〜っと弾けて遊ぶ時はあるけど、やっぱりどこか「女子」していて、節度があるし、なんかいろいろ考えているねー、という場面が多いです。


18300834_1492338124120378_7380957319637978166_n.jpg
だって女の子だも〜ん




そんな「おさる×女子」なタラですが、あまり女子っぽくないなと思うのが体格。今日現在31kg、体高も60cmを超えて、同じ週齢のティモとほぼ同じかやや重いくらい。ブリーダーさんからも「この子は大きな女の子になるわよ」と言われてはいましたけど、まさかティモサイズにはならないよね?ね?(笑)


IMG_2693.jpg
アイリッシュパブで修行中。お酒じゃないです、いい子に待つ練習。



わが家に来て40日。長いような短いような。これからはだんだん暑くなって外出が億劫な季節になるけれど、いろんな経験をして、世界を広げる夏にしようね。


タラです、よろしく


4月20日、わが家にやってきました。やっとやっと、待ちに待ったウルフハウンドのパピーです。

前々からの希望もかなって、わが家初の女子。おしとやかなお嬢様が来るのかな・・・と期待したのもつかの間、お里のブリーダーさんから「リトルモンキー」のお墨付きが。元気のあり余ってる大きな女の子と聞いて、、子ざる2号が来るのか?となりました(笑)

そんなこんなでやって来た子は・・・


IMG_2433.jpg



やんちゃだけど女の子らしさもあるお転婆娘。名前はタラです(サザエさんじゃないですよ)。


IMG_7500.jpg



寝ているときが平和なとき (^^) 前評判どおり、どこにでも登ろうとするおさるっぷりは、やっぱり子ざる2号かなぁ。アールトともそれなりに仲良く楽しくドタバタやってます。


IMG_7514.jpg



来た時は生後11週、体重16.5kg。いつまで抱っこができるかな。これからぐんぐん成長する時期。どんな女の子に育つのか、とても楽しみです。

こんなタラですが、これからもどうぞよろしく〜。


IMG_7514.jpg



暑がり犬のいない夏

ティモにお別れをして、ちょうど1年。まさか丸1年もウルフハウンドのいない生活が続くとは思いませんでした。。。

去年は梅雨も短く、初夏からずっと猛暑で、わが家は6月から22度設定のエアコンが24時間フル稼働していました。故郷アイルランドは冷涼な過ごしやすい気候。ウルフハウンドは暑さには弱く、とくに高温多湿な夏は苦手です。それにしても、子ざるはとくに暑さに弱くて、うりが平気な気温でもバテててました。

昨年6月。もう暑すぎて、お散歩も夜、過ごしやすくなってから。

timo-nightwalk.jpeg



最後の1ヵ月は、お散歩にも行かなくなりました。あんなに走り屋だったのに。それだけ、心臓の負担が増していました。でも飼い主の心配をよそに、本犬は案外日々を気楽に過ごしていたような。アイスクリームをもらうのが日課になり、毎日とても楽しみにしていました。

timo-icecream1.jpeg
テーブルはヨダレでびしょびしょ(^^;

timo-icecream2.jpeg
お座りして「いただきま〜す♪」



去年の今日、家族みんなに囲まれて、旅立ちました。4月末に一度もうダメかなと思ってからあとの最後の数カ月は、不思議なほど穏やかな時間だったなぁと、いま振り返っても思います。飼い主に心の準備をする時間をてくれたのかな…。それとも、もうちょっとこのまま甘やかされて、アイスクリームを食べたいと思ったのかな。

いまごろは常春の涼しい国で、心ゆくまで走り回っているかな。ティモが幸せでいられること。それだけに全力を尽くした数カ月でした。

timo-spring.jpeg



暑がり犬のいない夏。今年の東京は、いまのところ昨年ほどの猛暑にはなっていないこともあり、家のエアコンも数えるほどしか稼働してません。アールトは去年と違って今年の夏は妙に暑いと思っているかも。考えてみたら、19年ぶりのウルフハウンドのいない夏です。

次の子犬、お話は決まっているのですが。。。いろいろあって延び延びになってしまったけど、ここから先は順調に進んでくれますように。暑がり犬のいない夏Part2はごめんです(笑)



20130324_2.jpg


すっかり時候の挨拶ブログになっています^^; 今年の春は、急に暑くなったかと思うと冬に逆戻りの変な気候ですね。

東京の桜もとても早くて。満開になってからは天気が悪い日が多くて、ゆっくりお花見しそびれました。

20130324.jpg

この写真を撮ったのももう2週間以上前なんて。時間の経つのが早すぎる〜。。。

まだまだ先だけど、山の桜を愉しめるといいなぁ。




落ち葉


121125_04.jpg



この季節が好きです。紅葉もだけれど、一面に散り敷いた落ち葉の上をカサコソ音をたてながら歩くと、なんだか楽しい気持ちになりませんか?


121125_05.jpg
キャッチボールならぬキャッチぬいぐるみ
口に小さいのが1個入ってます




犬も落ち葉は好きなのでは。子ざるも子犬の頃は、風にひらひら舞う落ち葉を追いかけたりしてました。さすがに今はしませんけどw


121129_01.jpg




昨日は黄色い紅葉を見に近場の都内某所へ。さすがに都内の名所、平日といえども人が多い・・・ 人人人・・上を向いて歩かないと人ばっかり見ることに。


121129_02.jpg




黄色のトンネル〜。「それ犬ですか?」攻撃をまともに受けないように、さっさと歩きながらのゲリラ撮影(笑)地面の落ち葉は、沢山の人に踏まれて粉々。カサコソ言いませんでした。



121129_03.jpg
お、おいら子ざるなんだけど..君たち誰?




一瞬立ち止まってカメラを構えたら、あっという間に私の後ろにカメラをもった人たちがずらり。子ざるもちょっと困っております(苦笑)最後は「おいら散歩なんだから走るんだい!」と言いだしたので、人ごみは早々に抜けだし、いつもの公園へダッシュ!

みの虫

ウルフハウンドとの暮らしでちょっと困ることのひとつに、適温の違いってありませんか?

同じ犬種でも暑がりの犬もいれば寒がりの犬もいるので(冬はこたつにもぐっちゃうとか)、一概には言えないのかもですが、基本ウルフハウンドは暑さに弱く寒さに強い。

ティモはウルフハウンドとしてもかなり暑がりなほうです。夏の冷房温度は低めにしないと、暑くて寝られずにゼェゼェ..。熱中症も怖いし、仕方なくエアコンは子ざるがなんとか我慢できる24〜5度に設定。これだとデスクワークしている人間は冷えるので、長袖の上着を羽織り、長ズボンに靴下で防御。車で移動の時も同じ。妙に厚着しているので、「なぜ?」と笑われるんだけど、子ざるにあわせるとこうなるのです〜。


121114.jpg
15度が快適なのだ〜




今の季節は、日中の屋外はまだ暑いけれど、室内はエアコンいらず、窓を開けていると子ざるには適温のようです。だいたい室温15〜6度くらいなんですけど。デスクワークしているとやっぱり寒いです。暖房をつけようかなと思うときもあるけれど、「快適〜」っとお腹を出して寝ている人を見ると、やめてしまいます。それで結局、私はセーターにパーカーにあったか靴下にとあれこれ着込んで、さらに膝掛け毛布もひっぱりだして...これからの季節は、みの虫になります。猫たちも寒いので膝に乗ってきたりして、かなり身動きなりません(笑)


ちなみにウルフハウンドの故郷アイルランドは、夏でも20度を超える日は少なく、8月でもどうかすると10度くらいまで冷え込みます。最近は温暖化で若干暖かくなってきている気もしますが、日本に比べたら全然。冬はたまに寒波で零下の気温になったりしますが、基本そんなに寒くありません。そんな土地なら、暑いの寒いのということなく、ウルフハウンドには年中快適なんでしょうねぇ。

似てくる

そういえば、今年のオフ会で1年ぶりにお会いした数人の方から言われたことがありました。


「ティモ君、うり君に似てきたね」「うり君かと思った」


え〜〜???そうですか〜〜?? がっくりする飼い主(←おいおい・笑) 


単細胞のすっとこどっこいで甘えん坊であるという以外、あまり似たところのない2匹なんですが。喜怒哀楽がすごーくはっきりしていて、不器用で、超素直なのがうり。ティモはもうちょっと全体に感情がなだらかで、要領いいところや自己主張もちょっぴりあり、うりよりは典型的ウルフハウンドの性格に近いかな。走り方なんかも正反対で、うりはあまり背中を使わないトロット型、ティモは猫的なギャロップ型。毛色も違うし、体つきも違うし。。。


121109_12.jpg
兄ちゃんに似てきた?



いなくなってから2年半が経過した頃になって似てくるというのも不思議な話ですよね。

と、いろいろ言いつつ、実は最近、ふとした表情や仕草・動きが似ているな〜と思うことがあったりして。「そっくり」とは違うけれど、「あれ?今のうり入ってなかった?」と思うような瞬間がたまにあるんです。。。


121109_13.jpg
なんだか企んでいるワルワル顔&仕草。
こういう顔はうりはしなかった、というか単純すぎて企んだりできなかった(笑)



ティモが多少なりとも(ブサイクなりに)「大人顔」になってきたのもあるのかな。うりも4〜5歳頃からいい顔になったので、その前はなんともヤンチャ坊主の顔でしたっけね。

でも結局、似てくるというのは、何年もかかって「その家の子」に育っていくってことなのかな〜。血のつながりで、離れて育っても似ているところがある一方で、氏より育ちという面もすごくありますね。うりもティモも、単純でお馬鹿で元気で明るい、要するに典型的男子の特徴は大人になっても持ちつづけていて、つまりそういう風に育てているのがわが家なのかも(うーむ・・・良いのか悪いのか)。

初代のムルクーは異次元の王子様だったので、全然違いましたけれどね。彼は「わが家の犬」風味になることなく、はじめから最後まで見事に王子様で通した、ある意味最高最強のキャラクターの持ち主。まさに高貴なジェントル・ジャイアントでした。ティモもジェントルでジャイアントだけど、おさるだし...笑



「似てくる」がもっといくと、犬と飼い主が似てくるってのもありますが、子ざるに似てると言われると飼い主大ショッックですので言わないようにお願いします(爆)

秋はまだ。。。


今週は金曜が休みの日。どこかへ行きたい気分だけど、風邪気味だし、子ざるは昨日妹とお山でうききっと走ってきたばかりだし、どうしようかな〜・・・ということでぷらっと河川敷へ出かけてきました。

しかし、行ってから「しまったー」。いや、昼間の河川敷はまだまだ暑いですね!!


121109_01.jpg

子ざるはのっけから「あち〜」


121109_02.jpg

あまりに青い空、強い日射し。ススキがススキに見えない?


121109_03.jpg

川沿いの小道をてくてく。


121109_04.jpg

広い♪人いない♪走れー! と言ったって暑くてたいして走りゃしません^^;


121109_05.jpg

このときすでに「水〜み〜ず〜」と水の亡者と化しています。実はこのあと暑さのあまり川にドボンしようとして、慌てて止めました。カナヅチのくせに、やめて〜(爆)


121109_06.jpg

猫に遭遇。いい機会なので子ざるに「猫を追わない」教育実施。。。


121109_08.jpg

暑い暑いと言いながらも、1時間ちょっと歩きました。



ふと見ると、子ざるの横には大きな影。こんなに暑くても、太陽の位置は低くなって、冬が近づいているのですね。早く寒くな〜れ〜。



121109_09.jpg


歩いたあとは、木陰で休憩。日陰にいれば風が心地よいんですけどね〜。


121109_11.jpg

ふ〜暑かった〜。




里の秋はまだまだ遠いようで。まだしばらく山の逃亡生活が必要かな、こりゃ。あちらはあちらで、早くも氷点下の世界ですが。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。