FC2ブログ

Wolfhound Monthly

アイリッシュウルフハウンド雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいプレゼント~♪

しばらく前のことになりますが、ある日届いたプレゼントの包み。

大きくて、軽い。いったい中身は何??


a gift box



ガサゴソ包みを開けまして...中身は赤くて大きなルクエでした♪

電子レンジ、オーブンでも使える、蒸し調理グッズのあれです。野菜も魚も、栄養を逃さず美味しく仕上がるそうで、ほしかったんですよ~。

で、さっそく、鮭半身フィレーを1/2に切ったものをレンジでチン♪



cooked salmon



ふっくら良い具合にしあがりました。あまりのよい匂いにボルケちゃん必死(笑)

ボルケにお裾分けしつつ、身をほぐしまして...

茹でたてパスタとあえまして...

できあがり~♪


ready to serve - to lucky Timo!




子ざるの夜食、秋鮭のペンネです♪

(これ、自分で作っておきながら、とっても美味しそうなんですけど~。塩胡椒にオリーブオイルを少し足せば、人間も美味しい夜食に?笑)


そうです、プレゼントは、子ざるの誕生日祝いだったんです(笑)いや~、よいものをいただきました。

ちょうど冷凍鮭半身フィレー業務用10kgをどんと注文したところだったので、早速半身を解凍、ふたつに切って、あとはルクエでチン。簡単に美味しく仕上がるし(ラップしてチンとは明らかに違うんですねぇ)、鮭を茹でたり蒸したりするとこびりつく汚れも、簡単につるっととれて非常に便利。


子ざるはもちろん大喜びですが、飼い主も負けず劣らず喜んでます(笑)これから秋鮭の季節。子ざるの夜食作りにも、そして冬の温野菜調理にも、いろいろ役立ちそう♪ ありがとうございました!



スポンサーサイト

ご~りご~り

以前から時々欲しくなって調べては、やっぱり買うほどでもないかな…と思っているものがあります。それは、


家庭用電動ミンサー。ひき肉を作る機械です。


生肉メインで食べさせていると、塊をあげればそのまま噛まずにごっくん。まあそれでもいいのかもしれないけれど、ミンチならさらに消化によいだろうし、パピーやお年寄りにもそのほうがよさそうです。

いまのところ、筋が多くて硬い馬肉は冷凍ミンチを購入、羊はスライスのものを購入し凍った状態のまま適当に手で割って。鶏肉だけは胸肉一塊なので、フードプロセッサーにかけています。

今年に入って、何度目かの電動ミンサー熱(というほどでもないけど)がやってきまして。そのとき、ふと思い出しました。そういえば子供の頃、祖母の台所に手回しのミンサーがあったはず。あれはどこへ・・・


祖母に聞いてみると、本人は持っていたこともすっかり忘れ去っていましたが、ちゃんとありました。少々錆は出ているものの、立派に使えそう♪

さっそく、家に持ち帰り、鶏肉をご~りご~り。


11012301.jpg

ハンドルを回すと、きれいなひき肉になってにゅる~っと出てきました。何十年ぶりかで稼動したミンサー。こういうシンプルな道具は、壊れないものですね。

皮もきれいに挽けて、フードプロセッサーのように刃に絡まったりしないし、挽きがむらになったりもせず、お肉屋さんのひき肉と同じような仕上がり。


11012302.jpg


ハンドルを回すと、中の螺旋状の棒が回り、投入口から入れた肉が押し出されていく仕組み。これが結構、楽しい作業です(笑)最初は家族も興味を示して、「やらせて~」とひとしきりゴリゴリ。ま、最初だけでしょうけど。


家族のハンバーグを作る分量ぐらいなら、気軽に楽しくできそう。
だがしかし、子ざるの鶏肉、1回の処理量4kg。途中から、だんだん無口になって、腕がだるくなってきます(爆)疲れたので手を止めて、ブログ用に写真を撮ったりしてから、また再開。


山盛り、4kgの鶏胸ひき肉できあがり(こじんまり見えますが、実はボールが巨大)。これで3日分です。

11012304.jpg


かかる時間は、フードプロセッサーを使うのと大差ないし、仕上がりもよいけれど、労力がねぇ・・・。やっぱり電動を買うべきか、フードプロセッサーで我慢するか、腕を鍛えてゴリゴリ続けるか。悩むところです(笑)


疲れたと言いつつ、調子に乗って、フードプロセッサーでは挽きにくいラム肉にもトライ。

11012303.jpg


これもきれいに挽けました。ミンサーだから当たり前か。ただ、鶏肉に比べると肉質が硬いのか、力が余計にいります。1袋500gをやったところで、ギブアップ。


ところでこの手動ミンサー、台などに挟んで固定するのですが、家の台所には挟めるところがないので、仕方なく食卓のテーブルに固定。ここだと、ミンチにする端から子ざるが食べてしまいそう・・・という心配は取り越し苦労でした。挽肉作りの前にしていた、大量のりんごジャム作りのほうがおおいに誘惑で台所に張り付いて涎を垂らしていたくせに、肉はちょっと匂いをかぎにきただけで、素直に諦めた子ざる。なんでだ~(笑)


肉をゴリゴリしながら煮ていたジャム。あめ色に美味しくできました♪

11012305.jpg


夜食はパスタ♪

ただいま体重増強月間の子ざる。夏前まではずーっとダイエット月間が続いていたはずですが、夏の間にトントンと体重が減ってしまい、今度は減り過ぎたかなと(爆)もうちょっと肉付きよくなりなさいね、と秋からはごはんを増量。ヘルシーな馬肉もやめて、脂ののったラムだの鶏だの。でも、涼しくなってどんどん運動量も増えているからか?なかなか体重がのりません。

そしてとうとう夜食が出るようになりました(笑)子ざるには大好評。夜、散歩から帰ってくるときからもうウキウキ。夜食を食べるまでは、疲れていたって眠りません。



Timo awaiting his night snack




太らせるならごはんでしょう、と日本人なら言うところですが、ヨーロッパだとパスタが定番のようです。食べ方が異常にへたくそな子ざるに、ごはんはハードルが高いので(オートミールのお粥は顔周りから胸、前足、床まで盛大に汚して悲惨なことになったしね・・・)、食べやすそうなパスタにしてみました。パスタだけでは味気ないので、缶詰フードのミートソースで。


pasta with canned dog food




パスタはイタリア人が見たら激怒するくらいにしっかり茹でて(笑)最初はるんるん待っているのに、茹で上がる頃には、すっかり真剣顔で飼い主の一挙手一投足を見張ってます。


waiting




ティモにしたら、一食分にはならない軽い夜食。よし!の合図でガツガツガツガツ、勢いだけはよいものの、食器の中身がいつまでたってもなかなか減らない。。。パスタがつるつるにゅるにゅる口から逃げるらしいです(爆)涎を出し過ぎなんだよね~。


bon apetit!




でも、太らせるならパスタ、子ざるには合っているみたいで、ようやく体重も上昇してきました。冬場は当分夜食づくりだな~。

ボナペティ!




76kg

76kgです。
ウリの体重ではなく(到底及ばず)。ましてティモの体重でもなく。。。

この1ヶ月に2匹のお腹の中に消えた生肉(馬肉、羊肉、鹿肉)の量 です(爆)

Ulli eats 1.3kg raw meat every day :)

改めて計算するとすごい量だ・・・。基本は手作りで生肉中心ですが、ウリはそれにオートミールを足し時々魚も食べ、ティモは1日300g弱のドライフードを補っています(2匹とも、それにプラス少量の野菜・果物・ヨーグルトなど)。それでもこんな量になるとはね。
ティモを迎えるに当りまずしたことが、掃除機の買い替えと、犬専用冷凍庫の買い足し(90Lの家庭用から一気に200Lチェストフリーザーに!)だったんですが、どちらも只今フル稼働中。大正解でした。

それにしても、成長期のウルフハウンドを完全生肉食で育てたら、1日どれだけ食べさせればいいのやら。。。フードを併用していても肉だけで1kg以上ということは、2kgくらい軽くいっちゃいますよねぇ。それではもうわが家のワンゲル係数の限界を超えるので、ティモは穀物不使用フードでつじつまを合わせてもらってます(^^;)


さて4月に入り、ティモも生後6ヶ月に突入しました♪何が嬉しいって、1日4食が1日3食になったこと(笑)4食は大変。外出も仕事も雑用もぜ~んぶ食事の時間の合い間を縫ってですから。普通に会社勤めしていたら到底無理。みなさん、ご家族の協力を得て何とか乗り切っているんでしょうね。


さてそして、ティモも大きくなってきたので、食器台を新調しました。今まではサークルの柵に引っ掛ける方式だったのですが、それだと低すぎになってしまい、かといって犬用食器台で十分な高さのものは見かけないし、ということでこれ↓です。

new dish stand

「お坊ちゃま、朝の洗顔のお時間でございます」ってな雰囲気の代物ですが、実はこれ、70cmの植木台に、ぴったりサイズの洗面器をはめ込んだだけです(やっぱり洗顔用か?笑)。ホームセンターで選んだ植木台を持って、ぴったりサイズでちょうど良い深さの容器を探し、植木コーナーから台所用品、お風呂用品とウロウロ探してこれを見つけました。

made of a flowerpot stand + a washbasin

ティモが使うとこんな感じ。食器を舐める力が強いので、多少ぐらぐらしますが、今のところ倒れはしません。サークルともマッチしています?

dish set

なかに食器を置いて使っています。見た目・使用感ともに結構いい感じ。しいえて言えば、退屈した子ざるが時々洗面器を咥えて遊びだすのが難点かな? 咥えて遊んでないで、その黒っぽい顔をよ~く洗ってごらん(笑)

うりぱん

「うりぱん!」と言うと、なんだか分からないのに嬉しくなるらしい、ウリは。

うりぱんとは・・・

①材料:小麦粉、オートミール、麦焦がし、ふすま、小麦胚芽、重曹、ヨーグルトを水で薄めたもの、を全部適当に計量します。
ulli’s bread #1 - preparation

②粉類をよく混ぜ、そこへ液体を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜて、オーブンシートの上で形を作ります。
ulli’s bread #2 - ready to go into oven

③180度のオーブンで約45分で焼きあがり。香ばしいよい匂いです。
ulli’s bread #3 - ready to go into ulli’s mouth :-)


直径20cm超、1個焼くと2日半分。酵母も使わず、発酵時間も不要、ぱぱっと計って混ぜて焼くだけのお手軽パンです。

今までウリのご飯の炭水化物は、オートミールと麦焦がしをお粥状にしたものでした。どちらも手早く調理できて使いやすいのですが、難点はどろどろしすぎなこと。ご飯の後におしぼりで口を拭いても取りきれなくて、そのせいかこの夏は口周りをかゆがるようになってしまいました。

それで、先日久しぶりにソーダブレッド(アイルランドのパンで、イーストを使わず重曹=ソーダで膨らませる。作る工程はうりぱんと同じ)を焼いたのをヒントに、思いつきました。本当は全粒粉を主体にするのだけど、ウリ用に買ったオートミールと麦焦がしが沢山あるのでそれを活用してアレンジ。ソーダブレッドよりちょっと固めの仕上がりだけど、それっぽいものができました。名づけて「うりぱん」です(笑)
これをちぎって、生肉と一緒に食べてます。口周りの毛の汚れも格段に減ってよい感じ。

「うりぱん?」と言うとウリは「うりぱん!!」と顔がにやけます。わかっているんだか、いないんだか。いないんだろうけど。語感がいいのかな?うりぱん。
nice smell of the bread fills the house...

痩せの大食い

ウリは人間で言うと胃下垂タイプ?食べても食べても身になりません(--;) 無駄な脂肪一切なし。ウェストが細い体型もあって、女性に「羨ましい~」なんて言われたりするくらい(笑)
時々「ウリ君もご飯食べないんですか?」と聞かれたりしますけど、正反対。365日ガツガツと欠食児童のような食欲でございます(^^;)

関節や心臓への負担が心配な超大型犬は、太めよりは細めのほうがずっと良いので、普段は痩せ気味体型もあまり気にしてません。でもドッグショーに出るには、もうちょっとお肉が着いてほしいところ。。。そこでただいまごはんを増やして、体重増量計画実施中。

例の臭い臭いものも試してみています。幸か不幸か慢性アレルギー性鼻炎の私は、その匂いがさほど気にならないのですが、人によっては我慢ならない匂いだそうで。ボロ雑巾+生ゴミ+すえた汗の臭い、ぐらい強烈らしい(爆)
canned tripe
↑これがその問題のブツ。正体は牛の胃。俗に言うハチノスです。もうちょっとお洒落に言えば、イタリア料理でおなじみトリッパです。
イギリスやアイルランドのブリーダーはよくこの牛の胃を勧めます。でも彼らが使うのは、洗浄・漂白をする前のもの。おそらく日本では食肉解体業者にツテでもないかぎり手に入らないですよねぇ。それでこの犬用の缶詰をたまに食べさせていました。
ところが、この夏はるかさん家のハスキー、ちび太君がこれのおかげでムチムチにお太りになったと聞き、ウリの増量計画に使ってみることにしました。ちなみに、猫にも好評♪

500g meat
去年の胃捻転騒ぎ以来、ウリは一日三食食べています。基本は生の馬肉ミンチ。1回500gをペロリ。

porridge
それにプラス、朝はオートミール、夕方は玄米粉のお粥、夜は羊肉と生野菜も。↑これは玄米粉を火にかけたところ。仕上がりはかなりドロドロ。

更に特製パウダーミックスを加えます。ビール酵母を主体に昆布粉末、緑茶粉末、ガーリックパウダーなどなどを混ぜたもの。類似の市販品もありますが、大量に使うので原料を調達してコストダウンを図ってます(^^;)

できあがり♪バナナに意味はありません。ウリの好物ですが・・・
Ulli’s lunch
臭い缶詰、ドロドロのお粥、半解凍の生肉、パウダーを混ぜ合わせると、ちょうど人肌温度のご飯の出来上がり♪総重量は1kgを軽く上回ってます。見た目も臭いもと~ってもまずそうですが、ウリはもちろん一気に完食。食べ終わったお皿はいつもピカピカ・・・☆

   Ulli the big eater
ミスター痩せの大食いはこんな顔。。。世の中に三度の飯ほど大切な物はないと申しております(笑)
で、肥育計画の中間報告ですが・・・目に見えて太ってはいませんけど、少~し肉が着いてきたかな?ぷくぷく太っても困るし、焦ってご飯を増やしてお腹を壊しては元も子もないので、このままゆっくり増量目指します。

秋の味覚

オフ会疲れがようやく抜けてきた今日この頃です^^; ウリは翌日から普通に元気でした。去年ぐらいまでは、お出かけの間中テンション上がりっぱなしで大興奮だったのが、今年はようやく休むところで休むことを覚えたみたいです。
thinking about supper

さて、美味しいものが色々ある秋。このところ秋鮭が安く出回っているので、ブロックのお買い得品を買ってきて、時々ウリの晩ごはんにしています。日頃肉ばかり食べてますが、魚も大好き♪鮭を茹で始めるともう台所入り口に張り付いてます^^

salmon dish
(緑色のものは、野菜ミックスのピューレです)

ウリは4歳の今も1日3食です。最後のごはんは夜遅いので、軽めで消化の良いものを心がけています。こうなったのも胃捻転以来のこと。何しろ大食いなので、1日2食だと1回の量が多くなって、ドカ食いで胃に負担をかけそうなので・・・。

鮭や秋刀魚はもちろん大喜びで食べますが、りんご、柿、梨、栗、かぼちゃにさつまいも、と秋はウリの好物が目白押し^^ マツタケだけは、絶対食べさせないけどね(笑)飼い主だってめったに食べられないんだから!

かいかいとご飯

去年の12月頃からなんだか毛がペタついていた。
と思ったら年末からかゆがるように。
湿疹ができているわけではなく、皮膚も場所によって少し赤いけど、
むしろ自分で掻くから赤くなっているという程度。
でもあまりケンケンと掻くので、自分で虎刈り模様にストリッピング
してしまった。むむー・・・

原因は新しくメニューに加えたドッグフードでした。
良いフードだとは思うのだけど、どうも生肉中心のご飯に、肉成分の
高いフードを加えたのがいけなかった模様。
フードをやめて1ヵ月。かゆみも毛のベタつきもだいぶ治まってきました。
やれやれ。お手軽な体重増加作戦に出たのが間違いでした。
ごめんよ~ウリ。


・・・よく言われますが、デカ鼻です。
closeup.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。