Wolfhound Monthly

アイリッシュウルフハウンド雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベテラン・クラス


海外のドッグショーは、FCI加盟国も、そうではないイギリスやアメリカも、ドッグショーの年齢別クラスのひとつとして「ベテラン・クラス」があります。アメリカでは6歳以上、イギリスは7歳以上、FCIでは8歳以上。何歳以上がベテラン(シニア)といえるかは犬種によってかなり差はあると思うのですが、一応一律の年齢が決まっています。そしてパピー・クラスと同じように、ブリード戦のあとベスト・ベテラン・イン・グループ、ベスト・ベテラン・イン・ショーが選出されます。

8歳以上というと、アイリッシュ・ウルフハウンドの、とくにオスの場合は相当ハードルが高くなり、実際にヨーロッパのショーではメスはそれなりに出ていても、オスがベテラン・クラスに出てくることはかなり少ないようです。そんななかで、8歳のオスが何頭か活躍したのは、今年の嬉しいニュースのひとつでした。そのうちの1頭がGlor na Gael Ivanhoeです。

Glor na Gael Ivanhoe VetBIS3 G4 @2014EDS

Glor na Gael Ivanhoe VetBIS3rd @2014EDS

(写真は許可を得て掲載しています。無断転載厳禁 (C) copyright reserved)



10月のFCIユーロドッグショーでBOB、ベテラン・グループ10の3席、さらにレギュラークラスのグループでも4席に入りました。日本のグループ10よりもはるかに頭数がヨーロッパでこれは大健闘です。2009年にダブリンのユーロドッグショーで生のアイヴァンホーに会いましたが、その時よりもさらに格好よく、素敵なシニアになっていました。


ひるがえって日本。JKCはFCI加盟団体なのに、なぜJKCのドッグショーには「ベテラン・クラス」がないのか?理由は寡聞にして知りませんが、ここにも商業主義的な体質の一面が出ているのかなと思います。すでに繁殖年齢を過ぎた犬を大事にし、コンディションを保ち手間暇(とお金)をかけてショーに出す。ケネルクラブとしては、健全性や寿命の向上のためのよいインセンティブになるはずです。また、自分の犬を本当に大事にしているブリーダーであれば、目指す価値のあること。でも、効率と儲けが第一であれば、ベテランなんてただのお荷物になりかねません。そうなると、盛りの過ぎた犬を何でショーに?というような発想になるのではないでしょうか。

一方、アイリッシュ・ウルフハウンドの世界では(日本ではどうか知りませんが)、ベテラン・クラスに犬を出すことに、特別な意味あいがあるように感じます。海外のショーでは、パピー・クラスと同じかそれ以上に、温かいまなざしでその場の祝福を受るのがベテランの犬たち。どの犬にも、リングに入ってくる時からずっと拍手が続きます。IWのよいブリーダーは、繁殖引退犬も最後まで大事に飼うのが当然ですし、健全で長寿な犬を持てることは矜持です。犬種の平均寿命が短いということもあり、ベテラン犬への思いがひとしお強いのかもしれません。そういう背景があるので、7歳、8歳、9歳、ときには10歳の犬がショーに出ることは、その場にいるすべての人にとって励みにもなり嬉しくもあるわけです。ベテラン・クラスの犬たちへの温かい拍手を聞くたびに、この人たちは本当にこの犬種が好きなんだなぁと、しみじみ実感します。

そんな光景を見ていいなぁと思い続けてきたので、ベテラン・クラスの年齢でウルフハウンドをショーに出すことは長年ひとつの目標でした(ブリーダーではないけれど・・)。周囲に、なんでそんな老犬をと思われようと構いません。この犬の生涯のベストな時期はたしかに過ぎているけれど、この年齢でのベストを目指したい。それに、いい子を譲ってくれたブリーダーさんの信頼に、こういう形で応えられたらという思いも。。。

飼い主のそんな思いは知る由もない子ざるですが、1年半ぶりショー出陳となった今年のFCI東京インターナショナル・ドッグショーでは、1日中ご機嫌で、楽しみながら、いつになく集中してしっかりショーイングしてくれました。今年はいろいろあって大変な年だった子ざる。7歳の誕生日を過ぎて、このところはすこぶる好調だったので、勝手に「仮想ベテラン・クラス」ということで(笑)グループで席次はつかなかったけれど、よいコンディションで、本犬が楽しめた、それだけで十分です。応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

2014122101.jpg

2014122102.jpg




8歳になってもまたショーができるといいな、というのはかなり贅沢な願望かな。アイヴァンホーやウンベルトを目指して頑張りたいものです。とはいえ、あとどれだけ一緒にいてくれるかはわかりません。わからないからこそ、何気ない日常の日々を1日1日大切にしていかないとね。。。

それにしても、IWの出陳がロートルだけなんて寂しい。若いよい犬たちが出てきてくれることを願っています。メインはあくまでレギュラークラス、それがあっての「ベテラン・クラス」ですから。

IMG_3187.jpg

スポンサーサイト

Crufts 2014

世界最大のドッグショー・クラフト(出陳頭数2万頭以上)でウルフハウンドがハウンド・グループ1席に。とても犬種数が多いイギリスのハウンド・グループ、勝つのはなかなか大変です。クラフト以外ではそれなりに入賞がありますが、クラフトでのグループ入賞は実に10年ぶり。1席となるともしかしたら1993年以来21年ぶりかも。日曜日のベスト・イン・ショー戦が楽しみです。


First Avenue, Just in Time @2014Crufts_G1 ®onEdition s
© onEdition

First Avenue, Just in Time @2014Crufts w Gary Regine s
© onEdition

Just in Time of First Avenue
congratulations to Gary & Regine!


本部展・FCI Japan International

パトリックス・デイのパレード同様、昨年は震災で中止になったジャパン・インターナショナル・ドッグショー。2年ぶりの本部展ですが、今年はIWはティモひとりだし、ジャッジもよくわからないし、のんびり行きますか~と気の抜けた感じでした。遅めの審査時間に合わせて朝もゆっくり到着。遊びに来ていたお友達の方が先に会場に着いていました(爆)


20120331_01.jpg


いつものことながら、1頭のみのブリード審査は一瞬で終了。グループ審査は夕方の最後の順番。間の長~い待ち時間、パドックでショーのこと、犬のこと、いろんなおしゃべりに付き合ってくれた皆さん、ありがとうございました。おかげで楽しく時間が過ぎました。

そしてやっとグループ戦。なぜだかビッグサイトが好きな子ざる(不思議なやつだ)、ご機嫌で、しかもいい感じでリラックスして走りました。そのせいか、いつも走るときにくるんと巻いて上げてしまうしっぽも、かなり下がっていい感じ。やっと少し「おさる度」が下がってきたか(笑)


20120331_02.jpg


最近リングのなかで周りを見る余裕が出てきたらしく、今回もリングの外で写真を撮っている私を見つけて、カメラ目線。


20120331_03.jpg
「えへへ、見っけ~」



でも集中力を切らさず、フリーステイもちゃんとできました^^


20120331_05.jpg
photo by kaoru san - thank you! -



気になるところはありましたが、全体には子ざる的には「いい感じ」でした。グループではひっかかりませんでしたけど、仕方なし。


20120331_04.jpg



グループ戦が終わると、子ざるはこれまたいつものように「眠たい腹減った早く帰ろー」とすっかり店じまいモードに(笑)この頃には昼から吹き荒れていた猛烈な嵐も去って、のんびり家路に着いたのでした。。。


3枚目?

はい、3枚目といえば子ざるです(笑)


3月3日雛祭りの日はふじさんめっせで開催の静岡西クラブ連合展へ行ってきました。

とってもこじんまりした会場で(パドックは入りきらず屋外)、人も少なくて、案外快適でした。

地元の専門学校生でしょうか、見学に来ていて、子ざるは何度も囲まれて質問されたり写真を撮られたり。

20120303_01.jpg


20120303_02.jpg

「女の子ならいくらでもいいよ~」 っとにやける子ざる。男の子には「ふ~ん」なのに。


担当ジャッジはスウェーデンの人。とても丁寧で生真面目な審査ぶりを見ながら、出番待ち。

審査予定時刻遅れること小1時間。やっとアフガンです。

20120303_03.jpg

好感のもてる審査内容にふむふむ。ウルフハウンドは例によって1頭のみなので、他犬種の審査を見る方が勉強になります。

さて、やっと子ざるの番。この日はなんだか異常な集中力のなさを発揮(爆)東京インター、神奈川インターといい感じで集中していたので、インドア会場は吉だなと思っていたのに、何なのでしょう...

走っている途中、思いっきりカメラ(私)を見てるし。こんなだから、あとで痛い思いをするんだぞ。。

20120303_05.jpg

ちゃんと前を向いて走りなさい。

20120303_04.jpg


とりあえずブリード審査は無事終了。午後は同じジャッジが担当するグループ審査です。


午前中よりは広いリング、神奈川のときと同じ緑のビニールシートが一面に張ってありました。これが結構滑るんです。大きくて重たい犬種にはどうかと思うんですが。神奈川ではグレートデーンがかなり派手にずるっと滑っているのを見て、怖いね気をつけないとと思っていたのに。。。

今回は、集中力なしの子ざるがやっちゃいました(汗)最初のラウンドでずるっと前脚が滑って、ちょっと痛くしてしまったようです。でもまあ大事には至らず、審査もちゃんとこなしました。

20120303_07.jpg


20120303_11.jpg


20120303_08.jpg


ファイナルラウンドも終わってから、子ざるだけ何か言われてもう1周。どうなるの~と思いましたが、結果は3席にピックアップしてもらえました。

あとで聞いたら、前脚の動きがおかしかったので確かめたかったらしい。最初に滑ってしまったのが痛恨ですが、それでも3席は嬉しいかぎりです。

最後にジャッジと記念写真もパチリ。撮りながら、なんかいろいろ誉めてくれました。そして最後に「まあ耳があれだけどね~」って、あはは。言われなくてもわかってます~。東京インターのジャッジのエスペンさんと同じトーク展開だー(笑)


20120303_09.jpg


当の子ざるは、撮影も退屈なら台の上もイヤで、こんな顔(爆)カメラマンさんたちから「お顔が暗いよーお顔が」と言われたってねぇ。なんとかおやつで気を惹いてごまかそうとしたけどダメでした。これも修行が足りないってことかしら。


とにもかくにも、3枚目の子ざる君、これでCCカード3枚目をゲット。あと1枚、今年中に取れるかな~。がんばります!

年末恒例

18日は年末恒例、1年の締めくくりとなる東京インターナショナル・ドッグショーへ行ってきました。暑がり子ざる、この時期にベストコンディションに持って行くのは実は難しいのですが、でも東京インターが終わらないと、クリスマスもお正月も来ないので、行かないとね(笑)

とは言ったものの、今年のブリードとグループの担当ジャッジは、サイトハウンドのスペシャリストで、かなり気難し屋で知られたご仁。どんな結果になるやら、ドキドキしながら向ったのでした。


そんなことは知らない子ざる、ウキキッと楽しそう♪ ビッグサイトは、うりと一緒にショーに出た思い出があるからか、子ざるのお気に入りの会場みたいです。


111218_01.jpg



いつもショーではベイト(おやつ)を使うのだけど、それだとヨダレがすごいことになっていまうので(爆)、今回は初めてオモチャでトライ。よく使われている、小さなネズミのスクイーキーです。

やけに楽しそうな理由もそれかも(笑)かなり遊びモードで、オモチャから目が離せないときも。


111218_08.jpg



ブリード戦はティモとカイザー君の2頭のみ。カイザー君も楽しそうに走りました。


111218_02.jpg



結果はティモがBOBをいただきました。2頭ともちゃんと評価をつけてもらえてよかった~。他の犬種では、席次だけ決めて評価リボンも出さないとか、気難し屋ぶりを発揮していたそうなので。それだけ真剣、生真面目なお方なのでしょうけれど、怖い怖い。。。


ブリード審査後。いつものことながら、リングサイドにはウルフハウンドがうじゃうじゃ。人も多かったし、人も犬もお疲れさまでした。


111218_03.jpg



そして夕方のグループ審査。これが気難し屋のジャッジ、エスペン・エン氏。怖そうでしょ?(笑)後ろを緊張感のない人がウキキ~っと走っているのと好対照で。。。


111218_04.jpg



この1年で子ざるが進歩したのは、グループ戦でもきりっと集中力を見せてくれたことかなぁ。以前はグループ審査の頃になると、「もう眠いよ、帰ろうよ」とぼへ~っとしてました(^^;


111218_05.jpg



お~、きりっとしてるじゃん、と感心していたら、なんと4本に抜いてもらえました。集中力、大事!


111218_06.jpg



結局グループ4席をいただきました。わ~い♪


111218_07.jpg


審査終了後。えへへ、おやつもっと!オモチャでもいいよ!、と調子のよい子ざるです(笑)


このあとは、わが家がウルフハウンドとショーにはまるきっかけを作ってくれた方と、なんと10年以上ぶりに再会。声をかけられたときはびっくりしました。しばらく話こんだりして、懐かしくも嬉しかったです。


と、いろいろ浮かれていたら、グループ戦でもらえるはずのCCカードを貰い忘れてたり、ジャッジとの記念写真を忘れてたりで、ドタバタアタフタ。何年やってるんだという感じですが、たまにしか出ないといろいろ段取りが悪くて。。。

ともあれ、いろいろあった2011年、今年3回目にして最後のショーはいろんな意味でよい思い出ができました。応援してくださった皆さん、そして美味しい差し入れをくださった皆さま、どうもありがとうございました!

あ、子ざるはこれでインターチャンピオン完成です(子ざるの癖に)。JKCのほうはまだあと2枚。これは来年の目標です。焦らずゆっくり、楽しみながらがんばりま~す。


やった~!1枚目♪

今頃連休の話ですが...。

わが家は暑がり犬につき、連休は遠出なし、暑くなるのでショーもお休み、というのがいつものパターンです。秋までショーはなしかぁなどと思っていたら、なんと連休中にジェームス・レイノルズ氏が10グループ審査を担当するショーがあるではないですか。カナダの巨人レイノルズさんは、評判の高い有名ジャッジというだけでなく、ご自身長年のIWファンで、IWCAナショナルのジャッジを務めたこともある、IWブリーダーでこそないけれどブリード・スペシャリストと言えるジャッジ。こんな人にみてもらえる貴重な機会はなかなかないので、当日晴れて暑かったら棄権する覚悟で、ギリギリ駆け込みで申し込みました。

ウルフハウンドは例のごとく1頭のみ。1頭1席であっという間に審査終了。カードも出ません。でも、今回はいろいろ収穫のあったショーでした♪


実は子ざる、1歳ちょっとの時にもレイノルズさんに審査してもらったことがあります。そのときはこんなでした・・・


Timo 13 months old




いや~、ひょろひょろのひよっこで。そして、白かったね~。この時はムーヴメントを誉められ、トップラインが少しフラットと言われ(たしかにこの頃フラットでした)、最後に「でも不細工でしょう?」と聞いたら大爆笑されたという過去が(爆)以来、世界的ジャッジ公認不細工の称号を付けられた子ざるです。


そして2年後の今回。同じ犬ですか?というくらい色も形も変わりました。不細工ぶりも、大人顔になってちょっとは改善されたかな?


Timo 43 months old




レイノルズさん、2年以上前のことを覚えていてくれたらしく、審査の後に、「良く育てましたね、動きもスムーズでコンディションも良いし、Good Job!」と言ってくれたそうです。IWをよく知っているジャッジからコメントを貰えただけでも、出してよかったです。コンディション作りもグルーミングも、冬中せっせとがんばった甲斐がありました。


さらに嬉しいことに、その後の10グループの審査では、なんとグループ3席に。やった~!(笑)レイノルズさんからもらったグループ3席は嬉しいなぁ。そして、1枚目のM.CC.カードをもらうことができました。ブリードではなかなかオス3頭が揃わないので、ちっとも縁がなかったCCカード。今頃やっと1枚目です。


しかし、こんなチャンスは滅多にないのに、この時に限って私は用事で行けなかったのが残念。居合わせたハンドラーさんに頼んで撮ってもらった↑の写真のほかは、写真も全然ないのです~。そういえば前回のレイノルズさんの時も行けなかったし、なんでご縁がないのかしら。身長2m、並ぶとウルフハウンドが小さく見えるというカナダの巨人、会いたかったな。。。


おめでとう!

この前の土日は千葉で連合会展、そしてFCI千葉インターと、ショー続きでした。子ざるは土曜のみ、ハンドラー(飼い主1号)不在につき、知り合いのハンドラーさんにお願いしてみました。

人に預けると、さっぱり集中できない子ざる。一応、ショーマナーはできてはいるようだけど、キョロキョロ飼い主を捜して、心ここにあらず。家でもかなりのストーカーぶりを発揮している甘ったれ坊主だからな~・・・。


Timo in G10
心ここにあらず、ぼーっと立ってる子ざる



結局、今回も「いい修行になりました、チャンチャン♪」ということで終了(爆)


いっぽう、土日連荘で出たよもぎちゃん。ママではなくハンドラーさんと走ることに、何か言いたいことはあるようですが(笑)、やることはきっちりやって、しっかり結果も出せました~。


Yomogi in the breed

Yomogi in G10: she got 3rd place!!




土曜日のクラブ連合会展で、まずはグループ3席!そして日曜日の千葉インターで、なんとなんとグループ1席!!すごーい!よもぎちゃん、おめでとう~♪♪♪

FCI展でのIWのグループ入賞は久しぶり(うり以来、3年ぶり?)、しかも1席なんて、私の記憶では過去にないです(10年以上も前に、2席というのはあったかな)。もしかして日本では初めての快挙かも??

去年の秋くらいから、ぐっと大人っぽく成長して、きれいになったよもぎちゃん。もう、黒ざるなんて言いません。だって・・・よもぎは「はげちゃビーナス」ですもの、ね(←私じゃなく、飼い主曰く、ですよ/爆)

というのも、今回ショーの前にハンドラーさんにオーバーコートを全部抜かれてしまったよもぎさん。IWにとって、コートは大事なのに~~~。一同唖然でしたが、そんなマイナス点をものともせず、オーストラリア人ジャッジからもらったグループ1席。これでコートが生え揃ったら、ますます素敵な「ビーナス」になるね♪

(せっかくの快挙!なのに、写真があまりなくてすみません。↑の写真は土曜日の模様です)


さて、よもぎちゃんは、見事ビーナスに脱皮したけど、子ざるはまだまだ子ざるを卒業できなさそうです。


Timo & Yomogi
「おいら、よもぎ親衛隊でいいよ」って、こら!



ショーは勝負だけじゃなく、いろんな楽しみ方があるけど、そうはいっても結果が出るショーは嬉しいものですね。次はシジャパンインター、楽しみ~♪ おまけの子ざるも頑張ろうね(笑)



東京インター覗き見(笑)

日曜日の東京インターナショナルドッグショーも無事終了しました~。
近くから遠くから遊びに来てくれたみなさまで、いつものようにギャラリーにはたくさんのウルフハウンドがいて、長い1日も楽しかったです♪ショーの応援もありがとうございました。
一緒にエントリーしたカイザー君、エルモちゃん、おつかれさま!


わが家は今回なんちゃってハンドラーが休みを取れず、早朝の搬入だけ手伝って仕事へ行ってしまったので、子ざるは旧知のハンドラーさんにお願いしました。最近、家でもストーカーの子ざる。途中で飼い主1号が消えて、ちょっとショック・・・。しかも、リングまで行ったら飼い主2号も消えてオロオロ。
見つけてしまうと気を散らすので、審査の間私は「消えている」ことに。

おかげで審査はまともに見れず。見つからないように隠れながら、人影からこっそり覗き見の怪しい人になってました(笑)
写真もほとんど撮れなかったので、みなさまからの写真を心待ちにしています。よろしくお願いします。



Timo @ FCI Tokyo International Dog Show

数少ない「覗き見写真」




審査、ちゃんと見たかったな~。うりはハンドラーさんに預けたときも隠れる必要はなかったのに。子ざる、早く1人前になって、ショーを見させてくれたまえ(爆)


ともあれ、リング内では一応落ち着いてくれて、BOBをいただけました。グループ戦は例によってかすりもせずでしたけれど、初めてハンドラーさんと走って、とてもいい修行になったこと間違いなし。怪力子ざるを引き受けてくれたれっちゃんさん、ありがとうございました。次回はマッサージ券付きでお願いしないとダメかな~・・・


子ざるにとっては、いつものショーと違って、だいぶ緊張の1日でした。今日は家でストレス発散とばかりイタズラして跳ね回って、それから思い切りリラックスしてだらけております(笑)

relaxing at home today :-)
「あ~肩凝った~」



楽しい写真のアップはまた次回。とりあえずは、みなさまお疲れさまでした~。


おしらせ

これが来ると年末だな~という感じになります。今度の日曜日の東京インターナショナル・ドッグショー。

ウルフハウンドは(多分)11時過ぎに6リング、エントリー3頭。子ざる号も出走です(笑)

会場など詳しくはこちら>>>http://www.tokyodogs.jp/

出陳予定なので朝5時前にビッグサイト必着。考えただけで目眩がするけど、がんばります~。

IWは少ないけど、遊びに来られる皆さんに会うのが楽しみです♪

ひたちなか

先週土曜日は茨城はひたちなかまで、ドッグショーへ行ってきました。

久々の・・・ええと、かれこれ8ヶ月近くぶりのショーです。さすがにこれだけさぼると、どうかな~。ということで、12月の東京インターの前の慣らし運転でした。

しかし、問題がひとつ。


・・・子ざる、未だかつてないほど、はげちゃびん なのです(爆)



Timo & Yomogi




10月半ばにテリアマンM氏にグルーミング講習をしてもらってから、グルーミング魂に火がついてしまった(?)妹。オフ会でも他人様の犬をむしむし。それだけでは足りず、先日今度はM氏のお店を訪ねて、さらにむしむし。
東京インター頃にちょうどよくなる予定はどうなったんだ~~(困)


そんな、はげ子ざるでしたが、ショーは随分落ち着いてできました。すこし余裕が出てきて、いい感じ。


Timo in the Group 10



ブリード審査はオス1頭のみだったので、そのまま10グループの審査へ進み、グループ3席になりました。3頭しかいなかったので、ビリとも言います(笑)でも、珍しい(←わが家初!)黄色のロゼットを頂戴しましたよ~。


こちらは今回はじめて一緒に出たよもぎちゃん。ハンドラーはどこかのなんちゃってハンドラー(笑)

Yomogi in the Group 10



まだショーに出始めたばかりですが、呑み込みも早く要領もよく、しっかりがんばりました。


ショーの後は、よもぎママの企画立案による「子ざるの七五三」。衣裳を着せてもらいました。馬子にも衣装というやつです。・・・だけど七五三というより、お猿の芸人風~(笑)

Timo in formal ware :D




などと写真を撮って遊んだあとは、近くの海岸へちょっとだけ寄り道。



in the beach
うききっ



途端におさる顔になるし(笑)でも残念ながら、ちらほら人もいる海岸。リード付きでお楽しみ・・・のはずが、広いところでよもぎちゃんと一緒=思い切り遊べる!とインプットされている子ざる。リードが付いていることも忘れて、よもぎちゃんといつものようにぶっ飛びはじめて、大捕り物~になる一幕も(汗)


having good time after the show




本犬はどこ吹く風の涼しい顔。大満足♪


10112707.jpg



よもぎちゃん、1日お付き合いありがと~。楽しかったね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。